お知らせ

特別純米酒「多賀多(たかた)」絞り体験を行いました。

特別純米酒「多賀多」は米・水・造り手、全て地元産にこだわり、「田植え〜稲刈り〜仕込み〜絞り」まで地域の皆さまと一緒に造る特別なお酒です。3月3日、この日は地域の皆さまと絞り体験が行われました。

img001.jpgimg002.jpg
絞りとは、醪(もろみ)から酒を抽出する工程のことを言います。袋を縛る紐は、絶対にほどけない結び方を伝授!

img004.jpgimg003.jpg
タンクの中は甘い香りが漂い、先日仕込み終えた多賀多は、状ぼう(醪の表面)もいい状態でおかげさまで醪は元気に育ちました。

img015.jpg
布の袋に醪を入れて口を縛り、別のタンクまで運びます。

img005.pngimg009.jpg
設置された棒に、袋詰めした醪を吊るしていきます。じわりじわりと原酒がタンクの底に溜まっていきます。
 
img016.jpgimg012.jpg
機械での作業が一般的ですが、「多賀多」は時間の流れに任せ、自然の重みでゆっくり抽出する「袋吊り」という技法を用います。最も原始的で手間のかかる方法ですが、雑味のないキレイな味わいになるのです。大吟醸以外、純米酒では「多賀多」だけ!というからなんとも贅沢!
 
img010.jpgimg011.jpg
栓を開くと、歓声とともに底に溜まった原酒が勢いよく出てきました!今年初の「多賀多」がついに出来上がりました!
しぼりたての原酒は白濁していますが、この後しばらく寝かせ透明な上澄みのみを瓶詰めしてゆきます。香り高く、舌に少しピリリッとしました。
 
原酒、火入れ、熟成によって三段階で楽しむことができる「多賀多」。今年の味わいをぜひお楽しみに!
・特別純米生原酒 多賀多(3/16発売予定)
・特別純米生貯蔵酒 多賀多(6月頃発売予定)
・特別純米酒 多賀多(9月頃発売予定)

 

酔仙酒造の更新情報をチェック!

  • Twitterで最新情報を確認する
  • メールマガジンで情報を受け取る


飲酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒はなによりも適量です。飲んだあとはリサイクル。