美酒伝承する人たち

「ラベルにもぜひ注目してみてください! 金澤 弥生」

蔵人インタビュー第7弾は、商品課所属の金澤弥生(かなざわやよい)さんです。様々な部署での経験を活かし、現在は商品ラベルのデザインにも携わっています。ラベルについて熱い想いを語ってくれました。それでは、どうぞ!


k_00.png

ーよろしくお願いいたします。金澤さんは酔仙酒造への入社きっかけは?(インタビュアー)
金澤さん:知り合いのOBさんからの紹介をきっかけに18歳で入社し、20年以上経ちましたね。入社後は工場に勤務し、まず商品を覚えることからスタートしました。
半年後、営業・商品課に異動し、PB商品(法人・個人向けオリジナルラベル)を担当し、お客さんからの要望に合うイメージやデザインに仕上がるように日々努めていましたね。
 
ー現在は、どのようなお仕事されていますか?
金澤さん:現在は、検瓶、瓶詰め作業、詰めの機械など動かしたり、フォークリフト免許持っているので男性に負けじとに動いています!
商品ラベルのお仕事では、最近だと「雪しぐれ」「雪ゆめ」のデザインを女子メンバーと共に関わりました。
 
yuki01.jpg
 
ー「雪ゆめ」のラベルかわいいですよね!どのようにして完成したのですか?
金澤さん:ありがとうございます!「雪ゆめ」は女性をターゲットに、柔らかいイメージにしたいなと当初から考えていました。
あと、酔仙のラベルは四角い形が定番なのですが、今回新しい試みとしてラベルを丸くし、柔らかさを表現しています。
 
 
ーなるほど!益々かわいく見えてきました!ラベル制作で心がけていることはありますか?
金澤さん:沢山想いがあるので、どうしてもかっこよく書きたくなるのですが、情報が多すぎても伝わらないと意味がないと思うんです。
常連のお客様にも、初めて手にして頂くお客様も「分かりやすさ」「見やすさ」を心がけています。他社さんのラベルも勉強になるのでよく見ますね!!
 
 
 
ka_03.png
 
ー金澤さんが思う「酔仙酒造」の魅力とは?
金澤さん:やるべきことをちゃんとやれば、いろんなことに挑戦させてくれる環境は、一社員として魅力に感じます。ラベルのアイディアも後輩女子社員の声を取り入れたり、上司部下問わず話しやすい関係ですし、OBさん含め社員で花見をしたり、田植えをしたり、みな仲がよいのも会社の魅力だと思います。
 
 
k_02.png
 
ー今後やってみたいことはありますか?
金澤さん:そうですね、ラベルのシリーズ展開など是非やってみたいですね。ベースを同じパッケージにして、味ごとに色味を変え展開する。デザインを完全に変えてしまうと、昔から飲んでいる方が探せなくなってしまうので、これまでの良さを残しつつ企画してみたいです。
あとは、商品についての発信がまだ弱いかなと思うので「これはこういう商品で、こういう色でいきましょう!」とか商品を分かりやすく、明確に発信できたらいいですね。日本酒の味を言葉で表現することって難しいとは思うのですが、商品のキャッチコピーだったり、PRもしてゆきたいと思います!
 
 

k_profile.png

金澤 弥生
(かなざわ やよい)
趣味:読書(宮部みゆき、畠中恵)ドライブ(マニュアル車で道の駅巡り)

酔仙の好きなお酒:
『雪しぐれ』 『雪っこ』 『特別純米生貯蔵酒』
生貯蔵酒はくせがなく飲みやすいのでオススメです!

関連記事

「ラベルにもぜひ注目してみてください! 金澤 弥生」
美酒を伝承する人たち 更新:2018/07/19

「ラベルにもぜひ注目してみてください! 金澤 弥生」

「酔仙酒造醸造課 入社26年目 菅野 貢士」
美酒を伝承する人たち 更新:2016/12/12

「酔仙酒造醸造課 入社26年目 菅野 貢士」

「念願の酔仙で入社1年が経ちました 鈴木唯純」
美酒を伝承する人たち 更新:2016/03/29

「念願の酔仙で入社1年が経ちました 鈴木唯純」

「酔仙酒造の若手ホープ二人組 峯井 勇&紺野裕介」
美酒を伝承する人たち 更新:2015/11/19

「酔仙酒造の若手ホープ二人組 峯井 勇&紺野裕介」

酔仙酒造の更新情報をチェック!

  • Twitterで最新情報を確認する
  • メールマガジンで情報を受け取る

飲酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒はなによりも適量です。飲んだあとはリサイクル。